image

  • フォト Amazonギフト券
    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

検索

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年9月6日 | トップページ | 2006年9月8日 »

2006年9月7日

2006-09-07

時間計測の時計、情報価値計測の検索サービス

興味深い記事を見つけた。
http://teddy-g.cocolog-nifty.com/blog/2006/03/youtubeu2b_play_b646.html
> >  時計の存在とネットの存在が要請する社会人としての常識

↑には、とても同意する。
"時間を守る" ということは本当に基本である。

以下、上の記事を読んで思ったこと
     時計:時間の計測装置 
    検索サービス : 情報有用度の計測装置
を書き流す。
(論理整理や文の推敲をする十分な時間をとっていないので、長文になっている)

    - - - - - - - - - - - - - - -
映画館や劇場で時間に遅れたら、一番 損をするのは当の本人だ。
しかし会社の会議に遅れて会議開催が遅れると、迷惑するのは時間を守って集合した他の参加者だ。
    - - - - - - - - - - - - - - -
時間を守るということは、未来を想像して計画を建てそれに沿って行動することだ。
(計画には突飛な事へのリスク管理も含まれる。いかに想像力を働かせるかの問題)
計画を遂行するには、フィードバックが必要だ。つまりスケジュールの遅延を知ることだ。
そこで、正確な *時計* が必要になる。
    - - - - - - - - - - - - - - -
人は集団に属して活動をする。
集団に属するには、何らかの貢献をすることが必要だ。
それは労働力の提供、特殊技能や専門知識だったりするだろう。
でも、反社会的な行動は集団に迷惑をかける。

ネットという集団に属するとき、人は何をもって貢献することができるか?
機械(マシン) なら、CPU や ディスク領域を提供することで貢献できるかもしれない。
人は、情報を提供することで貢献することになるだろう。
しかし 情報を蓄えたり検索をするのは人間よりマシンの方が得意だ。
人間がマシンに勝てる点は、新しい情報提供や情報の見方といったことを提供することだ。

よい情報を提供しようとすると、やはりフィードバックが必要だ。つまり情報がどう評価され利用されたか知ることだ。
それを知る一番よい方法は、やはりネットが提供してくれている。
検索サービスだ。*正確で速い検索エンジン* が必要になる。

時計という計測器のようなものに相当するものは、 ネット上では google のような検索サービスなのかもしれない。

« 2006年9月6日 | トップページ | 2006年9月8日 »

mokuji

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

google

  • twitter
  • __
  • _
    Googleボットチェッカー

合わせて読む

  • 合わせて読む
    フィードメーター - katoy: cocolog あわせて読みたい

リンク