image

  • フォト Amazonギフト券
    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

検索

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ブックオフで買い物 | トップページ | ピックアップ:大阪弁変換, NeXTSTEPのデモ動画, その他 »

2006-10-27

Wikipedia データを XML で取得できるのを知った

Wikipedia データを XML で取得できるのを知った

- http://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89
  >> Wikipedia:データベースダウンロード - Wikipedia
- http://www.in-vitro.jp/blog/index.cgi/WebService/20060509_01.htm
  >> 試験管のなかのコード :: Wikipedia API にチャレンジ
- http://rblog-tech.japan.cnet.com/0061/2006/04/wikipedia_30fa.html
  >> goo、ウィキペディアのデータを利用した検索サービス「フリー百科事典」を開始
- http://wikipedia.simpleapi.net/
  >> WikipediaAPI - ウィキペディア情報をサイトで利用できるAPI

Wikipedia のデータ内容を XML で取得できるようだ。
xfy で利用するような例を考えてみたい。

1. 単語を選択して何か操作(コンテキストメニュー表示や、なんらかのキー入力) をすると、
Wikipedia の該当内容をポップ表示する。その内容を編集画面に挿入できる。

2. カレンダー画面で、何か操作をすると、その日付けに関しての Wikipedia での記載をポップアップ表示する。
  (blogEditor に組み込むと良いかもしれない)

3. 注釈タグのようなものをつくる。そのタグに適用させる template 中では
   Wikipedia の内容を include して、さらにそれに template を適用させるようにする。

どれもまだまだありがちな感じ。週末になにか作ってもみよう。
いじっている内になにか思いつくかもしれない。

« ブックオフで買い物 | トップページ | ピックアップ:大阪弁変換, NeXTSTEPのデモ動画, その他 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184434/12443211

この記事へのトラックバック一覧です: Wikipedia データを XML で取得できるのを知った:

« ブックオフで買い物 | トップページ | ピックアップ:大阪弁変換, NeXTSTEPのデモ動画, その他 »

mokuji

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

google

  • twitter
  • __
  • _
    Googleボットチェッカー

合わせて読む

  • 合わせて読む
    フィードメーター - katoy: cocolog あわせて読みたい

リンク