image

  • フォト Amazonギフト券
    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

検索

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年11月17日 | トップページ | 2006年11月19日 »

2006年11月18日

2006-11-18

"xfy でのTable 操作の例" を更新 その2

Xfytable_2 http://homepage2.nifty.com/youichi_kato/src.html
にある "xfy で template でテーブルを xhtml でつくる際に、テーブル操作を付加する例" をさらにバージョンアップした。

変更点: 列毎にチェックボックスを付けて、一括削除できるようにした。
    (phpMyadmin の真似:see http://freshmeat.net/screenshots/8001/ )
  列名にある チェックボックスで、全行のチェックボックスの on/off ができる。
  [DEL] ボタンで、チェック on の行が一括削除される。

チェックボックスの状態の保持には user-data という要素毎に設定できるユーザー用データ領域を利用した。
でもこのuser-data は使い方は すこし むずかしかった。
(xfy のオンラインマニュアルを読んだだけでは分からない。
sample 下の xvcd を ctrl:input, user-data でgrep して使用例をみて、やっと作成できた)

xvcd はすでに 200 行を超えてしまった。
テーブルをいくつも扱うことを考えた場合、xvcd をTemplate Library 化したいものだ。
つまり
  $ generatexvcd config-file
のようにしたら、これに類似した xvcd を自動生成できると便利と思う。
(xfy on rails のようなものへ発展させられるか?)
あるいは、xvcd をつくる xvcd を書く?

なお、
  $xmllint --format input.xml > output.xml
のようにしてインデントを少し整形してみた。その後、空行やコメント行追加をした。

« 2006年11月17日 | トップページ | 2006年11月19日 »

mokuji

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

google

  • twitter
  • __
  • _
    Googleボットチェッカー

合わせて読む

  • 合わせて読む
    フィードメーター - katoy: cocolog あわせて読みたい

リンク