image

  • フォト Amazonギフト券
    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

検索

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 仏像展を観た | トップページ | google でカスペルスキーを watch »

2006-11-19

xfy meets zip

今回の "xfy meets" では、アイデアだけでなく簡単な実装サンプルも公開します。
   - http://homepage2.nifty.com/youichi_kato/src.html
   >> xfy で open/save 時に zip 処理をさせる例 (2006-11-19)

xml はサイズが大きくなりがち。
xml を zip 圧縮したいとおもうことは多い。
そこで、xfy で open/save 時に自動で unzip/zip を行うようなメニューを追加してみよう。

任意の xml に適用できる vocaburary を書き、そのなかでメニューを追加する。
そのvocaburaly に切り替えると、そのメニューが使えるようになる。
Open: *.xml.zip という名前のファイルを開く (zip 解凍してメモリーに読み込む)
Save: メモリー内容を zip 圧縮し .zip 拡張子を追加したファイル名で保存する

それぞれのメニューでは、
open時は、
  $ unzip input.xml.zip
  して得られた input.xml を xfy に読み込む。

save 時は、
  output.xml に保存してから
  $ zip output.xml.zip output.xml
  $ rm -f output.xml
を実行させるようにしているだけだ。

本格的に実装するなら、複数ファイルを zip 圧縮した場合、zip 中の任意の xml を指定して
読み込み、編集後は、 zip 中の該当ファイルだけを更新するとかすると良さそう。
xml と xvcd の組を zip にして扱えるようにするのも便利かもしれない。

今は zip 処理を shell script で行っているが、java で記述すれば、プラットフォーム独立になる。
パスワード付きのzip を扱えるようにするのも良いかもしれない。
zip でなくて、暗号化処理を行うようにしたり、XMLDB/RDB や gspace (gmail 上のファイルストレージ) を利用したりするようなことも可能かもしれない。

« 仏像展を観た | トップページ | google でカスペルスキーを watch »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184434/12733035

この記事へのトラックバック一覧です: xfy meets zip:

« 仏像展を観た | トップページ | google でカスペルスキーを watch »

mokuji

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

google

  • twitter
  • __
  • _
    Googleボットチェッカー

合わせて読む

  • 合わせて読む
    フィードメーター - katoy: cocolog あわせて読みたい

リンク