image

  • フォト Amazonギフト券
    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

検索

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年5月15日 | トップページ | 2007年5月17日 »

2007年5月16日

2007-05-16

jruby1.0.0 で druby 動作が確認できた

数日前に、jruby 1.0.0 で druby サンプルを動作させてみたときは、上手くできなかったが、やっと解決した。

http://www2a.biglobe.ne.jp/%7Eseki/ruby/d203.html
の druby の例はそのままでは、jruby1.0.0 では動作しなかった。
(もちろん ruby 1.8.6 ではそのままで動作した)

次のように outs00.rb を変更した。(太字が変更部分)

require 'drb/drb'

class Puts
  def initialize(stream=$stdout)
    @stream = stream
  end

public
  def puts(str)
    @stream.puts(str)
  end
end

uri = ARGV.shift
DRb.start_service('druby://localhost:12345', Puts.new)
puts DRb.uri
# sleep
DRb.thread.join

まず、sleep というのは、引数がないということでエラーになってしまう。

次に puts メソッドを public 指定をしないと、次のようなエラーがでた。

/opt/local/lib/ruby/1.8/drb/drb.rb:736:in `open': druby://localhost:12345 - #<Errno::ECONNREFUSED: Connection refused - connect(2)> (DRb::DRbConnError)

明日は jruby で rinda の例を動作させることに挑戦しよう。

その後は、xfy/xvcd からの druby/rinda の利用だ。

ピックアップ: プラグインで拡張できるJavaプログラム,エクスプローラを3ペイン/タブ化, etc..

- http://www.everes.net/2007/may/16/ruby-on-rails-commercial-like-apples/
> > RubyOnRailsのアップルライクなCM | スパムとか

- http://codezine.jp/a/article/aid/1271.aspx
> > CodeZine:プラグインで拡張できるJavaプログラムを作る(プラグイン, java)

- http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50831500.html
> > 404 Blog Not Found:円周率を延々と表示しつづけるだけの javascript

- http://www.arclamp.jp/blog/archives/parallel_multiple.html
> > アプリケーションにおける足回りの質的変化 (arclamp.jp アークランプ)

- http://blog.creamu.com/mt/2007/05/3xplorer2.html
> > エクスプローラを3ペインにしてタブ化もしてくれる『xplorer2』 | CREAMU

- http://canaria.cocolog-nifty.com/fusigi/2007/05/post_74e3.html
> > fusigi: ソースネクストのオンラインアプリのオフィスソフトはすごい

- http://weblogs.java.net/blog/kohsuke/archive/2007/05/my_javaone_repo.html
> > Kohsuke Kawaguchi's Blog: My JavaOne report

- http://d.hatena.ne.jp/higayasuo/20070514#1179113438
> > ひがやすを blog: JavaOneの現地レポート

- http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-167.html
> > 次のページランクには具体的にいくつのバックリンクが必要なのか*ホームページを作る人のネタ帳

- http://d.hatena.ne.jp/m-hiyama/20070515/1179203855
> > 檜山正幸のキマイラ飼育記 - 僕もErlangを試してみたよ -- 軽量プロセスを中心に

- http://labs.cybozu.co.jp/blog/akky/archives/2007/05/web20-us-and-japan.html
> > 秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ: 日米Web2.0対応表

rinda と xfy の組み合わせ

ruby には rinda という分散処理のフレームワークがある。

- http://www2a.biglobe.ne.jp/%7Eseki/ruby/rinda.html
> > Rinda2

> Rindaは分散処理システムLindaのtuple spaceのRubyによる実装です Lindaではタプルとタプル空間の二つの概念があります。タスクはタプルをタプル空間へ書き込んだり、タプル空間からタプルを取り出したりすることで通信を行ないます。書き込み、取り出しはアトミックな操作です。パターンマッチングによって取り出すタプルを指定するところが特徴です。

ruby クックブックにも rinda の利用例がある。

- http://www.oreilly.co.jp/books/9784873113241/toc.html
> > レシピ7.12 共有「ホワイトボード」の作成
> > レシピ7.14 RindaによるDRbサービスの自動検出

xvcd をネット経由で提供する仕組みとして、この rinda をつかってみてはどうだろうか?
ローカルマシン上では解決できない未知の xml ボキャブラリーがあったら、
ネット経由で検索しに行くようにするのだ。

あるいは、xml文書の断片をホワイトボード上に置き、複数の xfy クライアントで同時に
編集/閲覧をするようにするのだ。
ネット対戦のボードゲーム(オセロとかトランプとか)をつくろに利用できそうな気がする。

私の環境上の jruby1.0.0 では rinda は動作しなかったけど、ruby をつかえばいいだけの話。

rinda についてgoogle していて、ついでにこんな例を見つけた。
- http://www.druby.org/ilikeruby/ruby_amazon.html
> > ruby-amazonでAmazonWebService
キーボードから単語を入れると、amazon 上で検索をした結果が返ってくるという例だ。

これを動作させるには アマゾンウェブサービスを利用するための id を~/.amazon_key におく必要がある。

このサンプルプログラムの GUI を xfy を使って作るというのも面白かもしれない。

« 2007年5月15日 | トップページ | 2007年5月17日 »

mokuji

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

google

  • twitter
  • __
  • _
    Googleボットチェッカー

合わせて読む

  • 合わせて読む
    フィードメーター - katoy: cocolog あわせて読みたい

リンク