image

  • フォト Amazonギフト券
    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

検索

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« xfy blog editor の変形で、 xfy mixi editor はつくれるか? | トップページ | ピックアップ:めちゃくちゃきれいなiTunesのビジュアライザ,usrの由来, etc... »

2007-05-13

jruby で gzip を扱う。

Rubyist Magazine の Zlib の紹介記事を読んだ。
   http://jp.rubyist.net/magazine/?0018-BundledLibraries

簡単に zip/gzip を扱えるな。
以下のコードは ruby/jruby ともに動作する。

# See http://jp.rubyist.net/magazine/?0018-BundledLibraries

require 'zlib'

orig = 'foo.txt'
gziped = orig + '.gz'

# create gziped file
#-------------------
Zlib::GzipWriter.open(gziped, Zlib::BEST_COMPRESSION) do |gz|
  gz.mtime = File.mtime(orig)
  gz.orig_name = orig
  gz.write File.open(orig, 'rb'){|f| f.read }
end

# gzcat
#------------------
Zlib::GzipReader.open(gziped) do |gz|
  puts gz.read
end

#--- End of File ---

xfy で、zip 保存したり、zip された xml を開くようなプラグイン
http://youichi-kato.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/xfy_m.html
を java でつくって公開したことがあるけど、jruby で書いたほうが極めて簡単にかけるな。

xfy の Open/Save  コマンドへのフックを PRagger の confi.yaml 形式で書いて、そのなかに zip/unzip plagin を指定すると、save 時のダイアログに zip 圧縮をするか否かのチェックボックスが現れるなんていうようになると便利になるだろう。

同様の発想で、cvs アクセス、svn アクセス、webdav アクセス、XML-DB アクセス、gspace アクセスなプラグイン、PDF 化、暗号化、etc... のプラグインをつくればよいかもしれない。

« xfy blog editor の変形で、 xfy mixi editor はつくれるか? | トップページ | ピックアップ:めちゃくちゃきれいなiTunesのビジュアライザ,usrの由来, etc... »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184434/15051309

この記事へのトラックバック一覧です: jruby で gzip を扱う。:

« xfy blog editor の変形で、 xfy mixi editor はつくれるか? | トップページ | ピックアップ:めちゃくちゃきれいなiTunesのビジュアライザ,usrの由来, etc... »

mokuji

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

google

  • twitter
  • __
  • _
    Googleボットチェッカー

合わせて読む

  • 合わせて読む
    フィードメーター - katoy: cocolog あわせて読みたい

リンク