image

  • フォト Amazonギフト券
    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

検索

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ピックアップ:Google Translate API, Scala で XML ベースのミニ言語を作る, etc... | トップページ | 久しぶりに amazon アフェリエイトでのお買い上げがあった »

2008-03-22

apache ivy を試す。

こんな記事を見つけた。
- http://www.digizenstudio.com/blog/2008/03/18/ivy-2-maven-metadata-support/
> > The Path to Zen » Blog Archive » Ivy 2 beta 2 Adds Maven Metadata Support

そこで apache-ivy を試してみた。
  http://ant.apache.org/ivy/
  >> Ivy is a popular dependency manager focusing on flexibility and simplicity.

サンプルを試していて、こんな build.xml 記述に気がついた。

https://svn.apache.org/repos/asf/ant/ivy/core/trunk/src/example/go-ivy/build.xml
---------- 抜粋 ----------
    <target name="generate-src">
        <mkdir dir="${src.dir}/example" />
        <echo file="${src.dir}/example/Hello.java">
package example;

import org.apache.commons.lang.WordUtils;

public class Hello {
    public static void main(String[] args) {
        String  message = "hello ivy !";
        System.out.println("standard message : " + message);
        System.out.println("capitalized by " + WordUtils.class.getName()
                                + " : " + WordUtils.capitalizeFully(message));
    }
}
        </echo>
    </target>
-----------------------
<echo> で build ファイル中にソースを書いて、それを directory に配置できるんだ。
小さなサンプルソースだったら、 この方式を使う事で、 build.xml の配布だけで十分だな。
そして、依存 library は ivy で取得させればよいのか!

この sample を動作させたようすを示す。
$ ls   
build.xml

$ ant
$ tree

.
|-- build
|   `-- example
|       `-- Hello.class
|-- build.xml
|-- ivy
|   `-- ivy.jar
`-- src
    `-- example
        `-- Hello.java

5 directories, 4 files

example/hello-ivy の実行例はこれだ。
$ tree
.
|-- build.xml
|-- ivy.xml
`-- src
    `-- example
        `-- Hello.java

2 directories, 3 files

$ ant
$ tree

.
|-- build
|   `-- example
|       `-- Hello.class
|-- build.xml
|-- ivy.xml
|-- lib
|   |-- commons-cli-1.0.jar
|   |-- commons-lang-2.0.jar
|   `-- commons-logging-1.0.jar
`-- src
    `-- example
        `-- Hello.java

5 directories, 7 files

$ ant -p
Buildfile: build.xml

Main targets:

clean        --> clean the project
clean-cache  --> clean the ivy cache
report       --> generates a report of dependencies
resolve      --> retreive dependencies with ivy
run          --> compile and run the project

cvs, subversion に依存 library をすべて置いておくのもよいけど、
maven や ivy で依存 library を download させる方式の方が適している場合もあるだろうと思われる。

« ピックアップ:Google Translate API, Scala で XML ベースのミニ言語を作る, etc... | トップページ | 久しぶりに amazon アフェリエイトでのお買い上げがあった »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184434/40592908

この記事へのトラックバック一覧です: apache ivy を試す。:

« ピックアップ:Google Translate API, Scala で XML ベースのミニ言語を作る, etc... | トップページ | 久しぶりに amazon アフェリエイトでのお買い上げがあった »

mokuji

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

google

  • twitter
  • __
  • _
    Googleボットチェッカー

合わせて読む

  • 合わせて読む
    フィードメーター - katoy: cocolog あわせて読みたい

リンク