image

  • フォト Amazonギフト券
    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

検索

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年7月30日 | トップページ | 2008年8月1日 »

2008年7月31日

2008-07-31

今月の blog アクセス数は半減

今月は、 blog アクセス数が半減した。
20080731

google  alaytics でみると、 google の検索からのアクセスが激減したのが大きな要因。
google が検索ヒットのアルゴリズムを変えたと思われ、 "xfy xvcd" での検索結果でも順位が落ちてしまった。
他のワードでの検索でも もともと、このブログがそれほど上位に出てくる事はなかったが、さらに順位が落ちることで ほとんど google からのアクセスがなくなってしまった。
かわりに あし@ ( http://www.ashia.to/ ) からのアクセスで多少 補っているという状態だ。

xfy 実験室: Java Powered 拡張コマンド の記事を読んだ

- http://xfy.justblog.jp/labs/2008/07/java-powered-ec.html
> xfy 実験室: Java Powered 拡張コマンドを使いやすく「メイクアップ」

この記事では、
    <extcommander:call-command
       plugin-id="com.xfy.community.samples.exthelloworld"
       selected-text="{xvcd:user-data('CITED')}"
        entry-xml-string="{function:dom-to-xml-string(/)}"
        return-to="result"/>
    >
というような形で  xvcd から java でつくったプラグインを呼びだせるという雛形が示された。

java 側で、ProcessBuilder を使う事で、任意の外部コマンドを呼び出し、そのコマンドでの処理結果を
xfy 側に返すことができるし、外部コマンド側で ダイアログなどの GUI を利用することもできそうだ。

xfy/xvcd での XML でのプログラミングは敷居が高い。
自分が知っている言語で処理を行い、XML に整形して結果を返すだけなら、敷居はぐっと低くなる。
JSON の利用や、 RDB の利用、web-service の利用、画像ファイル生成なども自分の知っている言語で、
その言語での既存ライブラリーを自由に使えるのはとても便利と思う。
( http://ja.doukaku.org/lang/ にあるような
  haskell, smalltalk, C#, phthon, perl, ruby, schema, Scala, javascript, PHP, ... をどれでも使える!)

xfy は "複合文書" を処理するシステムだが、その処理自体も "複合言語" で記述ができることになる。
これに "複合マシン" (分散処理、グリッドコンピューチング、P2P ...) といった要素も加わると、3C (3つの Commpaund) が実現できそうだ。


net で拾った テクノロジーの進化のパターン の画像 ( http://thik.jpn.org/archives/2005/10/_3_3.html )

« 2008年7月30日 | トップページ | 2008年8月1日 »

mokuji

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

google

  • twitter
  • __
  • _
    Googleボットチェッカー

合わせて読む

  • 合わせて読む
    フィードメーター - katoy: cocolog あわせて読みたい

リンク