image

  • フォト Amazonギフト券
    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

検索

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年8月13日 | トップページ | 2008年8月15日 »

2008年8月14日

2008-08-14

user-data に xml 内容を保存する

いまさらながらではあるが、
- https://www.xfytec.com/community/modules/news/article.php?storyid=278#top
> xfy コミュニティ - XVCD プログラミング Tips集 目次
なんてページがあることを知った。

読んでいて思いついたことをメモしておく。
つぎのような記載があったけど、
- https://www.xfytec.com/community/modules/news/article.php?storyid=314#variables
> Q. variableとuser-dataの違いは?

> ... user-dataは何度でも書き換えが可能な変数です。user-dataはテキストデータのみ設定可能です。...

function:dom-to-xml-string / function:xml-string-to-dom をつかって、 string 化したものを user-data に保存するようにすれば、xml データの保存もできるのでは?
実際にためしてみよう。
Xfyuserdata
  上2行に variable に保持した xml 断片から生成したもの
  下2行に user-data に保持した html 断片(string <-> dom 変換を利用) から生成したものが表示できている。
message-box には user-data に保持している文字列を表示している。

以下に ソースコード(2ファイル) を示す。
2番目のソース中の太字部分が、variable, use-data への値設定の箇所である。

$ cat HelloWorld.xml
<?xml version="1.0"?>

<hw:document xmlns:hw="http://xmlns.example.com/developer/tutorial/helloworld">
    <hw:message>
        Hello World!
    </hw:message>
</hw:document>

$ cat HelloWorld.xvcd
<?xml version="1.0"?>

<xvcd:xvcd
   xmlns:xvcd="http://xmlns.xfy.com/xvcd"
   xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml"
   xmlns:function="http://xmlns.xfy.com/function"
   xmlns:instruction="http://xmlns.xfy.com/instruction"
   xmlns:ctrl="http://xmlns.xfy.com/controls"

   xmlns:hw="http://xmlns.example.com/developer/tutorial/helloworld"
   version="1.0">

  <xvcd:vocabulary name="HelloWorld" match="hw:document" call-template="root"/>

  <xvcd:template name="root">
    <html>
      <body>
    <xvcd:apply-templates/>
      </body>
    </html>
  </xvcd:template>

  <xvcd:template match="hw:message">

   <xvcd:variable name="val">
      <hw:data>
    <hw:item>Internet Explorer</hw:item>
    <hw:item>Netscape Navigator</hw:item>
      </hw:data>
    </xvcd:variable>

    <xvcd:user-data name="data-text" value="{function:dom-to-xml-string($val)}"/>

    value:<br />
    <xvcd:for-each select="$val/hw:data/hw:item">
      <xvcd:value-of select="."/><br />
    </xvcd:for-each>

    user-data:<br />
    <xvcd:for-each select="function:xml-string-to-dom(xvcd:user-data('data-text'))/hw:data/hw:item">
      <xvcd:value-of select="."/><br />
    </xvcd:for-each>

    <span align="right">
      <ctrl:trigger>
        <ctrl:label>DEBUG:variable</ctrl:label>
        <xvcd:action event="ctrl:triggered" >
          <instruction:call name="debug">
            <instruction:with-param name="str" select="function:dom-to-xml-string($val)" />
          </instruction:call>
        </xvcd:action>
      </ctrl:trigger>

      <ctrl:trigger>
        <ctrl:label>DEBUG:user-data</ctrl:label>
        <xvcd:action event="ctrl:triggered" >
          <instruction:call name="debug">
            <instruction:with-param name="str" select="xvcd:user-data('data-text')"/>
          </instruction:call>
        </xvcd:action>
      </ctrl:trigger>
    </span>

  </xvcd:template>

  <xvcd:command name="debug">
    <instruction:param name="str"/>
    <instruction:message-box>
      <xvcd:value-of select="$str"/>
    </instruction:message-box>
  </xvcd:command>

</xvcd:xvcd>

jruby のダイアログ

- http://xfy.justblog.jp/labs/2008/08/ruby-on-xfy-rub.html
> xfy 実験室: Ruby on xfy : 拡張コマンドをRubyで作る!

にある、jruby コードを試してみた。(MacOSX 10.5)
日本語ラベルも問題は発生しないなぁ。

Jruby
jruby, java のバージョンは次のとうり。
$ jruby -v
jruby 1.1.3 (ruby 1.8.6 patchlevel 114) (2008-07-21 rev 6586) [x86_64-java]

$ java -version
java version "1.6.0_05"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.6.0_05-b13-120)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 1.6.0_05-b13-52, mixed mode)

« 2008年8月13日 | トップページ | 2008年8月15日 »

mokuji

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

google

  • twitter
  • __
  • _
    Googleボットチェッカー

合わせて読む

  • 合わせて読む
    フィードメーター - katoy: cocolog あわせて読みたい

リンク