image

  • フォト Amazonギフト券
    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

検索

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ピックアップ: 表記を統一することなかれ, 超長時間労働を厭わない組織風土をいかにして変えていくべきか, etc... | トップページ | ピックアップ:ニュースを地図のように俯瞰できる, 「あたし彼女」現代語訳, etc... »

2008-09-28

人形の家 を観た

L023281

- http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/shosai_08_ningyo.html
宮沢りえ、堤真一の "人形の家" を観た。

人形の家 は題名は知っていtが、戯曲は読んだこともないし、観るのも初めて。

小さな椅子が配置されるなど、まさに人形の家といった感じの舞台で幕が開く。
芝居が進むにつれ、舞台上の小道具がすくなくなり、
最後は通常の大きさの椅子2脚が対面で配置され、2人の対決に。
四角い舞台はリングだったのだ。

当日券とはいえ、特設S席の一番後ろ、一番端で見れた。
(スピーカーが真横にあり、時たま出る大音響にはびくっとさせられた。
でも あんな近くで役者がみれて、満足。
最後の対決場面は りえさんの背中側しかみれなかったり、家を出る姿が見れない位置だったのは残念だったけど。)

りえさんは、かわいいだけでなく 芯のつよさが内面から出ている美しさ。
ノラにぴったり。
衣装がどれも似合っている。
長台詞が多いが、台詞の無いときの顔の表情/目の表情も素敵だ。

配布チラシで、 来年1, 2月は野田地図で松たか子、宮沢りえの競演があることを知った。これも楽しみ。

« ピックアップ: 表記を統一することなかれ, 超長時間労働を厭わない組織風土をいかにして変えていくべきか, etc... | トップページ | ピックアップ:ニュースを地図のように俯瞰できる, 「あたし彼女」現代語訳, etc... »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184434/42619104

この記事へのトラックバック一覧です: 人形の家 を観た:

« ピックアップ: 表記を統一することなかれ, 超長時間労働を厭わない組織風土をいかにして変えていくべきか, etc... | トップページ | ピックアップ:ニュースを地図のように俯瞰できる, 「あたし彼女」現代語訳, etc... »

mokuji

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

google

  • twitter
  • __
  • _
    Googleボットチェッカー

合わせて読む

  • 合わせて読む
    フィードメーター - katoy: cocolog あわせて読みたい

リンク