image

  • フォト Amazonギフト券
    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

検索

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年11月1日 | トップページ | 2008年11月3日 »

2008年11月2日

2008-11-02

XBRL-API を試す

XBRL-API (revison 302) には、
org.xbrlapi.examples.load.Load として、
XBRL インスタンスを読み込み、
  - presentation リンクの内容、
  - instance の context, unit, item, footnote 一覧
を表示するサンプルプログラムがある、

これを
-Xmx300m -Djava.library.path=/Users/youichikato/work/www/dbxml-2.4.16/install/lib
-database /Users/youichikato/work/www/xbrlapi-bdbxml
-container xbrlapiContainer
-cache /Users/youichikato/work/www/xbrlapi-cache
http://www.sec.gov/Archives/edgar/data/789019/000119312508215214/msft-20080930.xml
の様なパラメータを指定して、microsoft の XBRLデータで実行させてみた。

最初の実行では、190 秒 かかった。
2回目は、14 秒
この プログラムでは、一度目で解析した情報は dbxml に保持しているため、
2回目以降はデータの読み込み、解析をしないですませている為だ。

macosx 10.5 で、 dbxml をつかって xbrlapi を動作させるのは少し苦労した。
なぜか java 1.6 では エラーがでてしまうのだ。
   Exception in thread "main" java.lang.UnsatisfiedLinkError ...

http://forums.oracle.com/forums/thread.jspa?messageID=2459042
を参考にして、 java 1.5 で dbxml, xbrlapi を compile することで、動作させることができた。

dbxml は ruby からも使えるようなので、ATOKダイレクト と組み合わせることで、財務情報アクセスのためのツールが作れそうな気がする。
ATOKダイレクトで [企業名、科目名、コンテキスト] をインクリメンタル指定させながら検索して入力できるようにするのだ。
Excel でのセル値入力の場面や、財務関係レポート中で数値を引用する場面で利用できそうだ。
1つの数値を返すだけでなく、いっそのこと ATOK から csv 形式、Office ソフトの xml 形式、htmlでのTable 形式の文字列で、表として複数値を返すようにしてしまえば、XBRLデータの活用頻度が飛躍的に高まる気がする。

« 2008年11月1日 | トップページ | 2008年11月3日 »

mokuji

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

google

  • twitter
  • __
  • _
    Googleボットチェッカー

合わせて読む

  • 合わせて読む
    フィードメーター - katoy: cocolog あわせて読みたい

リンク