image

  • フォト Amazonギフト券
    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

検索

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年2月11日 | トップページ | 2009年2月17日 »

2009年2月13日

2009-02-13

devsumi2009: 〜デブサミふりかえり〜 に参加

- http://www.seshop.com/event/dev/2009/timetable/Default.asp?mode=detail&eid=124&sid=785&tr=11%5FDevelopment+Style%28Community%29#785
> Developers Summit 2009 【13-B-7】「気づき」をみんなで共有しよう! 〜デブサミふりかえり〜
に参加してきた。

でも B会場でありながら、参加者 20 名程度 orz...
一瞬、帰ろうかとおもったが、話のネタになるかもしれないと、参加してみた。

web からの参加セッション申込み時に私は、1日目の LT 大会と 2日目の ふりかえりセッションこそが、デブサミ2009 の一番 大事なセッションになるんでは と思っていたのだ。

予想道り LT 大会は満席で、緊張と緩和のほどよい時間が過ごせた。

でも ふりかえりセッションは、参加者が少なかったので、web に情報をアップする人も少ないかもしれない。
どんなことが行われたかを、メモとしてここに残そう。

隣のA 会場の入室待ちの列は凄い人出だ。一方 B 会場は最後尾を示すプラカードをもった人すらいない?
ともかく入室が開始される。
入り口で、4枚のカードが手渡される。
筆記用具が無い方用に、ペンも用意されている。

会場前方に 椅子が丸く配置されて、1グループ 4 、5人で適宜 グループ分けされた。(全部で4グループしかつくれなかった)

カード1: 自己紹介
カード2: 印象に残ったセッション
を書く時間が数分あたえられた。
その後 グループ中で、そのカードについて順番に話をする。

それが終わると、各グループを2分し、一方が隣グループに移動する。
今度は、たこ紹介(前に同じグループだった人がもう一方の相手の紹介をする) をする形で、メンバー全員の紹介をしていく。
# 一人の話が終わったら拍手をするようにとの指示がでる。

カード3: 前のグループでの話で印象に残った事などを書く。
このカードについて、順番に話をする。
カード4: だれに何を伝えたいか、持ち帰りたい事について書く。

最後に 参加者ひとり一人にマイクがまわされ、20秒程度で 感想などを述べた。

# こまかいところは記憶違いがあるかもしれない。

blog などで、いろいろなセッション内容の報告などがあり、それを読むのも楽しいものだ。
でも 初対面の方々とはいえ、Face2Face で生の言葉で感想などを聞くのは、面白いものだ。

来年もデブサミがあるなら、ぜひ  この手のセッション枠を再度 設け、
そして ぜひ多くの方が そのセッションに参加していただければと思う。
# 人数が多いと、運営の方法にも工夫が必要になるとおもわれるが...

« 2009年2月11日 | トップページ | 2009年2月17日 »

mokuji

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

google

  • twitter
  • __
  • _
    Googleボットチェッカー

合わせて読む

  • 合わせて読む
    フィードメーター - katoy: cocolog あわせて読みたい

リンク