image

  • フォト Amazonギフト券
    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

検索

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年1月22日 | トップページ | 2010年1月24日 »

2010年1月23日

2010-01-23

ピックアップ:twitter経由のみで新卒採用, 民主党政府「両親いない子」は子ども手当の対象外に, etc...

- http://d.hatena.ne.jp/tt_clown/20100123/1264245560
> Java の参照と C++ の参照の違い - Life like a clown

- http://medt00lz.s59.xrea.com/wp/archives/671
> 面白い物を生み出す仕組み - レジデント初期研修用資料

- http://ameblo.jp/usami/entry-10440807614.html
> twitter経由のみで新卒採用|神泉で働く社長のアメブロ

- http://jp.techcrunch.com/archives/20100122t2-bing-google-radar-semantic-search-race/
> セマンティック検索エンジンの完成を目指すレース始まる: シード選手はBing, Google, そして謎のT2

- http://teranews.livedoor.biz/archives/1200948.html
> 民主党政府、「両親いない子」は子ども手当の対象外に 10年度 - テラニュース

- http://www.hp.jicpa.or.jp/ippan/ifrs/information/japan/post_4.html
> 金融庁、指定国際会計基準を追加する提案を公表 | 日本公認会計士協会

- http://japan.cnet.com/column/market/story/0,2000055915,20406874,00.htm?ref=rss
> 家電メーカーの相次ぐ製品発表を背景に、3Dテレビ関連株が急騰:コラム - CNET Japan

- http://www.moongift.jp/2010/01/bumptop/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+jp%2Fmoongift+%28MOONGIFT+-+%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8BIT%E6%88%A6%E7%95%A5%E6%94%AF%E6%8F%B4+-%29&utm_content=Bloglines
> MOONGIFT: » デスクトップに机を再現する「BumpTop」:オープンソースを毎日紹介

Scala + remote actor で魔法陣を

魔法陣で試すべき組合せを 複数マシンに割り振り、 解を返させる例を Scala で作った。
 http://go.2ch2.net/u/8NAJtZ

3 x 3 魔法陣の解を数え上げるには、 9! 通りの組み合わせをすべてチェックすればよい。
9! 程度なら1 CPU でもなんとかなるかもしれないが、25! とかは無理。
そこで、複数マシンで分散処理させることを考える。

まず  [0 ... 9!] の範囲の数字と、順列を 1 対1に対応させることを考える。
これができると 複数マシンへのタスク割り振りは、(チェック開始の整数値、チェック終了整数値) を決める事で済ませられる。

順列 n! 通り と 数字の対応は次のようにする。
順列の作り方は、 (1,2,...., n) のリストから 何番目の要素を取ってきて並べたか で表現することができる。(最初の要素を0と数える)
3!の順列の場合で説明する。
取り方が (0,0,0) なら 順列 (1,2,3) ができる
取り方が (2,1,0) なら 順列 (3,2,1) ができる。(最後の取り方は、残りは1つだから常に0)

この取り方の数字列 (a, b, 0) に対して 3*a + 2 * b という数値を対応させる。
これは すべての順列から (0 ... 3! -1 の数字) への対応となる。

逆に (0...3!-1) の数字に対して、
数値を 2!, で割った商、その余りを2 で割った商、0 の3つの数字 でつくられる3つの数字の組は、リストの何番目の要素を取っていくかの操作に対応させることができる。

順列          取り方     整数
---------------------------------
1 2 3        0 0 0        0
1 3 2        0 1 0        1  // 2 * 0 + 1
2 1 3        1 0 0        2  // 2 * 1 + 0
2 3 2        1 1 0        3  // 2 * 1 + 1
3 1 2        2 0 0        4  // 2 * 2 + 0
3 2 1        2 1 0        5  // 2 * 2 + 1
---------------------------------

類似の方法で 組み合わせ (n の n乗 通り) の場合分けも 数字へマップすることが可能。

« 2010年1月22日 | トップページ | 2010年1月24日 »

mokuji

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

google

  • twitter
  • __
  • _
    Googleボットチェッカー

合わせて読む

  • 合わせて読む
    フィードメーター - katoy: cocolog あわせて読みたい

リンク